南薩釣行

前回ジギングに行ったのはいつだったかな?

去年の7月に宇治に行ったのが最後だったような…

まぁ久々すぎて前日の夜に一睡もできませんでした(;^ω^)

今回は坊津町の久志湾!!

今回の狙いはネイゴ(カンパチの幼魚)

しかし情報によると最近は青物の回遊が全くないみたいです。

港を出て最初に瀬渡しの人たちを15人ほど降ろしてからポイントに向かったので釣りを始めたのは8時頃。

水深130mからスタート!

船長おすすめの400gのジグを投入

 

今まで300までのジグしか持っておらず釣行数日前に船長に電話したら

 

「そんな軽いジグじゃ南薩の海では通用しないよ」

 

と言われ船長におすすめされたのは1個4000円のジグ( ゚Д゚)

根がかりして海の藻屑になったら立ち直れない値段でした…

しかしこの海域を知り尽くしている船長がオススメするなら間違いない!!と

釣りに飢えたもう一人の僕が、悩む僕をレジのほうへ向かわせました。

 

しゃくってみるとまー重いこと!!

しかし船長の「マハタ、チカメキントキ、スジアラ釣れるよ~」の言葉にアドレナリンがドバドバ出てきます。

けど重いものは重い!!

船長が「ここはタイラバすれば入れ食いだよ」の言葉を聞くとすぐにタイラバにチェンジ(笑)

 

本当に1投目からヒット!!

 

35cmほどの小さい真鯛をゲットしボウズ逃れ(;^ω^)

その後すぐにヒットしこれまた小さいレンコダイを追加。

 

しかしその後潮も風もピタッと止まり魚からの反応が全くなくなりました。

船長がこの間に瀬渡ししているお客さんの見回りに行くというので僕らはイカがたくさんいる瀬に降ろしてもらうことに。

秋イカシーズンなだけに期待していたものの10時を過ぎていたことと3.5サイズのエギしか持っていなかったため釣果は出ず…

でも沖磯からのエギングは初めてだったので楽しかった~!

 

その後船が迎えに来て10~130mの多くのポイントを回って魚を狙いますが小さなオオモンハタを追加しただけで終了~!

真ん中のアカハタは優しい船長さんがくれました。

今回の釣果は残念でしたが船長から多くのことを教えていただいて勉強になった一日でした。

次回の釣果が楽しみです♪