中学生の頭痛改善例

中学2年生 男の子

 

3年前から頭痛で学校を休みがちに。

一度頭痛が発症すると1週間寝込みひどいときは吐いていたという。

どこの病院に行っても薬を飲んでも改善することはなく、困ったお母さんは当院のHPを見て彼を連れてきてくれた。

 

まず気になったのが男の子の姿勢。

顔が前に突き出たひどい猫背…

 

頭部の重さは体重の約10%もあるという。

60キロの人で頭の重さは約6キロ。

頭部がこんなに前に出ているとそれを支える首肩の筋肉にものすごい負担がかかるのは言うまでもない。

 

彼の頭痛はまず姿勢から治さなければと考え、猫背矯正を3か月間行った。

 

3ヶ月の姿勢の変化がこちら⇩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1枚目、2枚目の写真では背中の丸みが取れたのがわかると思います。

3枚目は最初なで肩気味だった肩が3か月後はしっかり胸を張って立てるようになった。

 

現在は様子見だが今年の年明けに一度軽い頭痛が出ただけで頻度はだいぶ減ってきているとのこと。

 

今回の例は猫背による筋緊張が原因の頭痛だったが、必ずしも姿勢を治したから頭痛が改善するわけではありません。

多くの頭痛の方を診てきたが頭痛の原因はさまざまなので実際に診てみないとわかりません。

しかし、今回のように悪い姿勢がもたらす頭痛は少なくないと考えています。

現代はゲーム、スマホ、パソコンなど猫背になりやすい要因に溢れているため、姿勢の悪い子供をよく見る。

今回の例で小中高生の原因不明の頭痛に悩まされている方がいるとしたら、この情報が役に立ってくれるとうれしいです。

 

頭痛を完治させることは難しいが、若い彼らの人生から頭痛を取り除いて楽しい学生生活を送ってほしいです。